casaとは aboutcasa

商品住宅は「いいものをいかに安くつくるか」から始まった

「商品住宅」という名前は、casa 独自の呼び名で、規格が決まっている住宅のことです。

住まいには、新築マンション、中古マンション、建売住宅、中古住宅、注文住宅がありますが、注文住宅以外の住宅が「商品住宅」と言えます。オーダーはできませんが、規格化されている分、価格が安いという長所があります。

「いいものをいかに安く作っていくか」。「商品住宅」はそこから始まりました。

注文住宅を建てて、「失敗した」と後悔している人が多い

「自分が思い描いた理想の家を建てることができる」はずの注文住宅。間取り、設備、仕様、なんでも施主が決めることができる分、どの部材が優れているのか、何をどう選んでいいのかと迷ってしまい、かなりの労力を費やします。

さらに、住んでみたら「使い勝手が悪かった」「このデザインは飽きる」ということにもなりかねません。実際、注文住宅を建てた後に「失敗したな」と後悔している人は意外に多いのです。

デザイン性、機能性が高く、価格が安ければ、オーダーじゃなくても良い

本来ならば、住宅建築を知り尽くしたプロが考え抜いた方が良い家ができあがりますし、規格化することで価格も安くなります。

例えば、洋服。オーダーの洋服は魅力的ですが、価格が高いためなかなか手が出ません。既製品の洋服でもデザインや素材が気に入れば、オーダーよりも価格の安い既製品を選ぶはずです。

家も同じ。デザイン性、機能性が高く、価格が安い商品住宅があれば、注文住宅よりも商品住宅を選ぶのではないでしょうか。

グレードの低い建売住宅には満足できない人も多い

住宅建築のプロが考えた規格住宅が、いわゆる「建売住宅」ということになりますが、建売住宅に魅力を感じないという人もとても多くいらっしゃいます。それは、住宅会社がコストダウンのみに囚われて、設備、仕様、デザインなどのグレードを落としているからなのです。

そこで誕生したがcasa シリーズ。通常の規格住宅とはまったく異なる、はるかにグレードの高い商品住宅なのです。